内向的クエストⅠ

内向型道産子が東京で胸を張るブログ。

日本プロ野球現役選手でドラフトして最強チームを作ってみた。

 
雨が降り続く日々は、秦基博の『Rain』が聞きたくなります。新海誠作品で超有名な「君の名は」よりも『言の葉の庭』の方が僕は好きです。何度も見返したおかげで、僕のストライクゾーンは広くなりました。
 
 
 
こんにちは。こんばんは。
どうも、じょん(fffff34341919)です。
冒頭の文は全く気にしなくてよいです。 
 
 
 
以下の記事で紹介した『ドラフトゲーム』をフォロワーさんと実際にやってみました。今回は「ドラフト結果」と「スターティングメンバー」を発表します。
 

今回のドラフトゲーム結果発表

 
今回は『中居正広のプロ野球魂』の番組のルール通り、僕含めて"3人"でゲームを行いました。今記事では、あえて指名者のアカウント名を伏せます。参加者は男性2人女性1人。開催者の僕がどのチームを編成したのか、女性が編成したのはどんなチームなのか、などを考察しながら読んでくれると嬉しいです。
 
日本プロ野球現役投手ドラフト
 
  A監督 B監督 C監督
投手1位 

×大谷翔平

〇菅野智之

サファテ 大谷翔平
投手2位 松井裕樹 菊池雄星 千賀晃大
投手3位 平野佳寿 岸孝之 牧田和久
投手4位

×則本昇大

〇山崎康晃

則本昇大 増井浩俊
投手5位 武田翔太 宮西尚生 和田毅
 
 
さあ大谷だ。今年はあまり投げていないとは言え、実力、人気は圧倒的。くじ引きの末、A監督は彼を逃したものの、今や日本一の投手、菅野を獲得。B監督は、先発ではなく絶対的守護神のサファテを1位で単独指名。豪華な面々が1位に並びましたね。
 
 
 
各チーム、左投手を1人以上指名しているのがナイスセンス。今年、調子が良くなかった宮西や、怪我で戦線を長く離脱していた和田毅の指名がどう出るか……A監督による各球団の守護神3人の指名も興味深いですね。
 
 
日本プロ野球現役野手ドラフト
 
  A監督 B監督 C監督
野手1位 

×柳田悠岐

〇大谷翔平

×柳田悠岐

〇秋山翔吾 

柳田悠岐
野手2位 筒香嘉智  近藤健介  西川遥輝 
野手3位 菊池涼介 

×菊池涼介

〇鈴木誠也 

糸井嘉男 
野手4位 ゲレーロ  山田哲人  内川聖一 
野手5位 丸佳浩  ロペス  松田宣浩
野手6位 坂本勇人  大野奨太  源田壮亮 
野手7位

×吉田正尚

〇ロメロ 

中村剛也  吉田正尚 
野手8位 小林誠司  田中広輔  炭谷銀仁朗 
野手9位 山川穂高  新井貴浩  川﨑宗則 
野手10位 茂木栄五郎  Tー岡田  大和 
 
 
なななんと、全員がドラフト1位で柳田を指名。他にも素晴らしい打者がたくさん存在する中での全球団競合。さすが日本一のバッター。またもやC監督が当たりクジを引いて、A監督は外れ単独1位で大谷翔平を獲得。これもまさかの事態でしたw
 
 
 
次いで、野手2位で早くも"4割打者"近藤と"球界一のスピードスター"西川が消えました。その後は、層が薄いポジション"二塁手"菊池の指名が競合したり、A監督が5位まで余っていた丸佳浩をちゃっかり獲得。"未来の長距離砲"吉田正尚が下位指名で被ったりと、楽しい事案ばかり。ムネリンのサプライズ指名もありました。
 
 
 
A監督は「実力ある中長距離打者」中心、B監督は「頼れる中堅からベテラン選手」を多めの指名。C監督は「大和以外パリーグ出身の日本人打者」の指名でした。
 
 

各チームのスタメン紹介

 
  A監督  B監督  C監督 
先発  菅野智之  菊池雄星  和田毅
第二先発   武田翔太  岸孝之   増井浩俊 
中継ぎ  平野佳寿   則本昂大    千賀晃大 
中継ぎ   山崎康晃   宮西尚生   牧田和久
抑え   松井裕樹   サファテ   大谷翔平 
1番  遊 坂本 中 秋山  左 西川 
2番  二 菊池  遊 田中広  遊 源田
3番  指 大谷  右 近藤  中 柳田
4番 三 筒香  左 鈴木誠 一 内川
5番 中 丸  一 ロペス  右 糸井 
6番 右 ロメロ  二 山田  指 吉田正 
7番 左 ゲレーロ 指 T-岡田   三 松田
8番  一 山川  三 中村剛  捕 炭谷 
9番  捕 小林  捕 大野 二 川﨑
控え   茂木  新井貴    大和
 
 
A監督の選考ポイントは、3~8番の得点力。7番にセリーグ本塁打王のゲレーロ、8番にOPS1.000超えの山川が座る恐怖の下位打線。圧倒的なパワーを持ったチームです。"守護神3人"が控える救援陣も分厚い。もちろん、スガコバの黄金バッテリーにも注目。
 
 
 
B監督の選考ポイントは、出塁率が鬼レベルの秋山・田中広輔・近藤が並ぶ123番に対して、勝負強い鈴木誠也・ロペスが座る45番のマッチング。下位では一発を期待し、とっておきは代打新井。そして終盤、試合を締めるサファテの"存在感"に注目。
 
 
 
C監督の選考ポイントは、西川・源田・柳田が並ぶ上位打線。走塁と守備力がチームの武器。また、実績十分な左腕和田と、今年は抑えを務めた増井を"先発"に配置。松田・川﨑の両ムードメーカーがチームを鼓舞し続けることにも注目。
 
 

 
 
どのチームが短期決戦で一番強そうか」をTwitterのアンケートで調査中。皆さんのご意見、ご感想などもリプにてお待ちしております。また、ABCの内、僕がどのチームを編成したのか、ぜひ、当てて欲しいです!
 
 

総評・感想

 
今回は、ツイキャスを利用して、僕の自由気ままな野球評論を聞いてもらいながらのドラフト進行でした。各個人の野球観や性格が表れる選手選考を触れることに喜びがあって、本当に楽しい時間を過ごせました。ぜひ、また開催したいですね。
 
 
 
今回、ご参加いただいたお二方…… 
T-AYUMIさん、ウッチーさん
本当にありがとうございました!
 
 
野球最高。
野球を通じて築ける仲間もっと最高。
 
 
 
おわり。