内向的クエストⅠ

内向型人間の道産子が胸を張るブログ。

現段階のファイターズ野手をランク付け。パワプロ査定比較。

どうも、じょん(fffff34341919)です。


今回は、ファイターズ野手陣を、
勝手に能力査定していきたいと思います。


パワプロを参考に、
ミート、パワー、走力、肩力、守備力、捕球
以上、6つの分野で、選手を見ていきます。


巧打力(ミート)は主に打率を参考にします。

【例】
打率.340~
  .310~  
  .280~
  .250~
  .220~
  .190~


長打力(パワー)は主に長打率や本塁打数を参考にします。

現在、パリーグの中で、
二桁本塁打を達成した選手は12人です。

楽天茂木や西武秋山が、
もう12本打っているのは驚きですね。


走力肩力はパワプロ査定を信頼します(笑)

足の速さや肩の強さは、練習で伸びづらく
打撃や守備と比べて天性のモノがありますね。

小学校のクラス内だと、
足の速い男の子がモテるのは何故でしょう(怒)


守備力はUZRや見た感じ(笑)を参考にします。

未だに西武源田がUZRトップなのが凄い。
とんでもないルーキーが現れましたね。


捕球は主に失策数を参考にします。

ちなみにファイターズは、
リーグワーストの失策数…

ここが、失速の大きな原因かもしれませんね。


では、査定していきましょう。

(あくまで個人の意見です。ハイ)



2017年、ファイターズ、スタメン選手の能力

で、
が一番高く、が一番低評価とする、
8段階評価をしていきます。

ミート、パワー、走力、肩力、守備力、捕球
の順です。

上の指標が2017年4月時のパワプロ査定、
下の指標が現段階の成績で考えた僕の査定です。
(6月16日現在)


1(中)西川 遥輝
.283 4本 17打点
     
     

まだ、三割に届いていないことを踏まえて、
ミートを下げました。彼はこれからでしょう。

また、特に目立った捕球エラーも少ないので、
捕球を上げました。
かつてポカが多かった遥輝の成長は著しいです。


2(右)松本 剛
.329 2本 9打点
E E C C  
C C C C D D

能力は全体的に大幅アップです!

打率も好調で、
外野の守備でも好プレイが目立ちますね。
今後の活躍も楽しみです。


3(指)近藤 健介
.407 3本 28打点
D D D   
    D D

なんてったって、4割ですから…!
天才バッターが現れましたね。

復帰が待ち遠しい。うむ。


4(一)中田 翔
.243 7本 34打点
     
     

最近、調子を上げてきて、
昨年並みのレベルには戻って来ている、
とは思います。

でも、彼にはそれ以上の成績を
期待したいですね。

あと、今年はUZRが一塁手最下位なので、
少し守備力を下げました。
技術面ではなく、精神面の影響でしょうか。

f:id:johnjohnfffff:20170616165344j:plain

と言われそうです。ごめん翔さん。

覚醒、待ってます。


5(三)レアード
.252 16本 49打点
     
     

4月の絶不調を乗り越え、
5月は月間MVPを獲得し、
昨年並みの成績を期待できそうです。

しかし、失策数がリーグトップなのは、
非常に痛いですね。

ただ、UZRは三塁手2位なので、
守備範囲の広さは相変わらずです。


6(左)大田 泰示
.286 8本 21打点
     
   C C 

こちらも能力大幅アップです。

簡単に三振せず、右方向を意識して、
粘っていく打撃スタイルが、
現在の成績に表れていると思います。

守備範囲も非常に広く、
左翼手トップのUZRを残しています。

走攻守三拍子揃った、
素晴らしい外野手です。


7(二)田中 賢介
.232 2本 10打点
     
E E  D D 

こちらは逆に大幅ダウンですね…

ブンブン丸が多いハムの中で、
貴重な巧打マンとして、
.270以上の打率を残し続けてきた
彼らしくない成績です。

年齢的な面もあるかもしれませんが、
何とか復調して、
チームを引っぱってほしいですね。


8(捕)大野 奨太
.223 3本 9打点
E E E B B B
   C C C

今年は長打が目立つので、
パワーを上げました。
打てる捕手、になるのも間近です。

ただ、昨年日本シリーズから、
拙守が目立つのが気がかりです。

例年高かった盗塁阻止率も低く、
どうにか試合出場を続けて、
守備勘を取り戻してほしいですね。


9(遊)中島 卓也
.168 0本 5打点
     
F F    

今年はファールで粘ろうとする前に、
簡単に三振してしまうことが目立ちますね。

苦手コースに投げられたり、
守備のシフトに阻まれたり、
昨年よりも研究された結果でしょうか。

今のスタイルを貫くか、
新たなスタイルを築くか、
今後の卓に注目していきたいですね。




昨年まで鳴かず飛ばずでも、
大きく数字を伸ばしている選手、

ずっとチームの看板選手だったのに、
今年は苦しんでいる選手、


それぞれが毎年出てくるのが野球です。

今後も、ファイターズ選手、
みんなの活躍を願っていきたいですね。