内向的クエストⅠ

内向型人間の道産子が胸を張るブログ。

大田泰示、松本剛、西川遥輝の上位打線が機能!簡単な指標から考える。

どうも、じょん(fffff34341919)です。


今回は、好調ファイターズを引っぱる、

"新"上位打線に注目していきたいと思います。


f:id:johnjohnfffff:20170616030207j:plain


彼らの注目すべき打撃の指標があります。

今回は、"出塁率"と"長打率"を見ていきます。

出塁率とは

バッターが出塁する確率を示すものです。

(エラーなど守備側のミスによる出塁は除く)

最近は、打率と同様に重視されています。

長打率とは……


塁打÷打数によって、表される数値です。


打率は、
単打・二塁打・三塁打・本塁打を、
全て「1安打」としてカウントしますが、

塁打の場合は、
「単打=1、二塁打=2、三塁打=3、本塁打=4」
として計算されます。


すなわち長打率が高いほど、

一度の打席で遠くの塁まで進む能力がある

ということです。


以上の点を踏まえた上で、

ファイターズの新打順を見ていきます。

攻撃的"新"上位打線


1番 大田 泰示
打率 .286(.331)本塁打 (.506)

2番 松本 剛
打率 .329(.361)2本塁打 (.456)

3番 西川 遥輝
打率 .283(.362)4本塁打 (.376)


※前の()が出塁率、後の()が長打率。6/15現在。


パワーの大田
ミートの松本
スピードの西川

というイメージでしょうか。


出塁率は.350超えで優秀(.400超えで一流)
と言われることが多いですが、


松本と西川は見事クリアしています

 
出塁率は、

上位打順に求められる大事な指標なので、

彼ら2人が上位に居てくれるのは、

チームに大きくプラスでしょう。


また、打率も高いので、ランナーを返すことも、

長距離砲が並ぶ4番以下に繋ぐこともできます。



一方、長打率は.450超えで優秀(.500超えで一流)
と言われることが多い中で、


大田は、打者として一流の数値が出ています


ファイターズでは、近藤とレアード、
他には、パワー自慢の助っ人外国人や、
他球団の主軸、秋山や茂木、内川、T岡田
に匹敵する長打率を誇っています。


なので、今のファイターズの中では、

一番、期待値を高く持っていい打者です。


そのため、大田泰示は、

超攻撃的一番

と言ってもいいでしょう。


また、3人の平均年齢は25歳と若いので、

(大田27歳、西川25歳、松本23歳)

今後3年は、成長と飛躍を期待できますね!



ファイターズ打線、

ようやく快進撃の芽が出てきた?

そう思わせる好調ぶりです。


明日からも、彼ら3人の躍動に期待したいです。

今後の打順起用は?


出塁率がチームで一番高い西川を1番に、

打率、長打率のバランスが良い大田を
3番にすることも考えられます。


今後、近藤と大谷が戻ってきたときに、

どう打順を組み替えるか、見物ですね。


ちなみに僕なら……


1(中)西川 遥輝
2(指)大谷 翔平(松本剛)
3(右)近藤 健介
4(一)中田 翔
5(左)大田 泰示
6(三)レアード
7(二)田中 賢介
8(捕)大野 翔太
9(遊)中島 卓也


でしょうか。
(中田の4番は、ズラせない……笑)

大谷翔平が休養時でも、

打撃好調の松本剛を使えるのは大きいですね。



実現すれば、強いんだが……

みんな怪我無く、元気にやれますように……