内向的クエストⅠ

内向型道産子が東京で胸を張るブログ。

俺が家庭教師だった頃の話。

 

どうも、じょんです。

 

また贔屓球団が負けて途方に暮れています。 

いつ勝つのか、まだでしょ!

みたいな言葉が降りてくる僕は

非常にしょーもないですね。

 

 

急ですが!

実は僕、4月から…

家庭教師を勤めることになりました。

 

f:id:johnjohnfffff:20170424024442p:plain

 

PSVRで話題になったゲームの話ではありません。

【PS4】サマーレッスン:宮本ひかり コレクション (VR専用)

【PS4】サマーレッスン:宮本ひかり コレクション (VR専用)

 

これやってみたいんよなぁ。

VR世界の女の子って一体……笑

 

 

話を戻しまして…

紹介を受けて、

副業として始めることになりました。

担当は受験を控えた中学3年生男子です。

 

 

女子だったらよかったのに……

と思ったあなた、僕と同じです

 

冗談です。

中学生は男女関わらず、かわいいです。

 

 

家庭教師を勤めるのは、

大学3年の時のバイト以来

 

今回は、僕が家庭教師だった頃の話を

したいと思います。

 

 

僕は、就職活動が本格化するまで

中2小4の兄弟と中1小6の姉妹を

一年間担当していました。

 

そうです。実は女の子2人、

しかも姉妹を担当していました。

 

担当始めは緊張した記憶があります。

嫌がられないよう、

面白爽やかに努めることを

意識していましたね。

(実践できたかは別)

 

ややオタッキーな中2のお兄ちゃん

彼はアニメや漫画、カードゲームが大好きで、

クラスに必ずいるような男子でした。

 

特に数学が苦手で、問題演習を行っている際、

当時の僕の拙い教え方も重なって

涙目にさせてしまうことがありました。

 

その分、休憩中は、

彼の趣味にまつわる話に耳を傾けて、

メリハリを効かせられるように

接していましたね。

 

確かHIKAKINをはじめとした、

YouTuberの話をよく聞いていて、

彼の話についていけるよう

僕もYouTubeを見るようにしていたら、

まんまとハマってしまった自分がいましたねw

 

ちなみに、

僕がはじめて好きになったはYoutuberは……

はじめしゃちょー』でした。

 

超王道でつまらなくてすみません。

 

最近だと、この動画は特に好きです。

同性の友人とバカやれることに憧れます。

はよ復活せんかなー。3股はすげぇ


【危険】存在しない三文字しりとりやったらひどかった

 

ほんまにやんちゃな 小4の弟君。

とにかくアクティブ。

彼を勉強に集中させるのは、

本当に難しかったですね。

 

兄と真逆で、軽く叱っても物怖じせず、

正解を分かっていても、

わざとひねくれた答えを言う

ある意味かしこい子でした。

 

彼みたいな男の子に正論は通じないので、

小テストの結果に応じて

報酬(遊ぶ時間)を与えたり、

体を動かしながら一緒に勉強に取り組みました。

大変疲れた記憶がありますw 

 

無口で黙々と僕の話を聞く中1のお姉ちゃん。

毎度、僕が彼女の部屋に向かう直前で

「ちょっと待ってて」と声をかけられ、

全力で掃除する音が

ドア越しに聞こえていたのが懐かしいです。

 

控えめに見えた彼女も時間が経てば

お喋りで明るい面も見えてきて、

彼女が勉強を始めるまで一時間

恋バナを繰り広げられたこともあったかな。

 

話の切りどころが難しく、

結果、サービス残業でしたね…

 

明るく、愛嬌がいい小6の妹ちゃん

明朗快活という言葉がよく似合う子でしたが、

姉曰く色々な男友達?を日替わりで

家に招く魔女でもあったようです。

 

ですが、顔のタイプはノンスタイル井上で

「先生、少し似てる!」

と言われたことがありました。

 

これは喜ぶべきか否か、心が少し傷つきながら、

相手が例え小学生でも、

女性って怖い……と思いましたね。

 

その子は算数が極めつけて苦手で、

九九も不安でした。

小6にして掛け算、くり上がりの足し算から

取り組んだ記憶があります。

 

また、姉妹2人とも既にiPhoneを持っていて、

男の子と毎日LINEをしたり、

タイムラインでバトン交換をするような、

今時っ子でした。

 

LINEのタイムラインとか誰でも見れるのに

よくやるなぁ思います。

(その子曰く親には見えないようにはしてたそうw)

 

 

計4人、個性豊かな面々を

相手にした家庭教師の業務は、

大変でしたが楽しくもあり、

子どもとどう接するべきか考える

大事な機会を得ることができました。

 

そして、冒頭に申したように、

4月から再び家庭教師を始めるので、

何とか成績アップに貢献したいと思います。