内向的クエストⅠ

内向型人間の道産子が胸を張るブログ。

2017年のパリーグを10段階評価で戦力分析してみた。(投手編)

こんにちは、じょんです。

いつもお世話になっております。 

WBCロスに苦しんでおります。はい。

 

 

今日は暇なので、

2017年のパリーグ各球団の投手力を

10段階評価で戦力分析してみました。(3月24日現在)

 

パリーグ球団内での相対評価で

A+ A B+ B C+ C D+ D E+ E

と格付けします。

 

今回は、昨年までの実績やオープン戦の成績、

スポナビなどでの観戦(笑)を参考にしています。

 

では、やっていきましょう。

 

 

 

北海道日本ハムファイターズ

先発C+ 救援

◎昨年活躍し(実質)2年目のジンクスが不安視される高梨、加藤がオープン戦好調。

◎上沢や浦野の復活。特に上沢!

◎新戦力として貴重なサウスポー公文、3年目の石川、昨年ドラ1上原らの台頭でブルペン争い加熱。

△完投能力があるチームの柱、投手大谷が復帰するまでの戦い方。

△増井、宮西、谷元らの勤続疲労。無理はさせずにね…

△足の速いランナーを一塁に抱えた時のマーティン。

 

福岡ソフトバンクホークス

先発A+ 救援B+

◎和田、武田、千賀、バンデンハークの4本柱に加えて、中田、東浜もここまで好調。

◎他には摂津や大隣、松本や高橋など有望な若手も控えているため、投手層が非常に厚い。

◎WBC見ていると、千賀が15勝してもおかしくない思っちゃう。

△スアレスの怪我、五十嵐の衰え、サファテや森の勤続疲労、森福の移籍などでブルペン少々不安。

△不安要素それくらいじゃね?(笑) 

 

千葉ロッテマリーンズ

先発A 救援B

◎涌井、石川に加えて、唐川の復活、先発転向の西野、ドラ1佐々木が好調。

◎中継ぎ陣の好調もあり、オープン戦は1位。

◎もはや先発投手王国やん。

△内の離脱などが懸念される交流戦明け以降の戦い。毎年恒例ロッテの課題。 

 

埼玉西武ライオンズ

先発E+ 救援C

◎とりあえずメジャー志向の菊池雄星が15勝かな?

◎多和田や高橋の成長に期待。

◎西武の中継ぎwwwの時代は終わった(気がする)

△エース菊池以外の先発に不安。圧倒的枚数不足。

△よって中継ぎの負担増、そしてバテてくる夏場以降の投手崩壊が心配。

△牧田の酷使。とりあえず牧田。困ったときの牧田。

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

先発D+ 救援D

◎岸の加入で則本と2本柱完成。

◎WBCを経て則本が覚醒??

◎先発候補の森、釜田がここまで好調。

△今年活躍を期待された安樂の怪我もあり先発枚数不足。

△守護神松井裕樹までつなぐ中継ぎ陣の層の薄さ。

 

オリックスバファローズ

先発C 救援C+

◎ドラ1山岡や松葉、新戦力コークなど先発候補がここまで好調。

◎今年も柱になり得る吉田、復活待たれる佐藤達也など中継ぎ陣も好調。

△金子千尋と西がどこまで勝てるかでチームの順位が大きく変わりそう。

△WBCで調整早めた守護神平野の疲労蓄積。

 

 

全部、個人の感想です。

ぜひ、皆さんの意見も聞きたいのでよかったらコメントお願いします!

 

成長因子育毛剤